スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心斎橋の「イル メルカート アンジェロ」で生ハムを食べてきた。

今日は
心斎橋の「イル メルカート アンジェロ」で生ハムを食べてきた。です。
もちろん生ハム以外も食べましたよ。
g10080801.jpg

この店は店頭の巨大な冷蔵ケースで有名です。
ぶら下がっているのはイタリア、パルマ産のプロシュート(生ハム)
g10080802.jpg

1個20万から30万するパルミジャーノレッジャーノがゴロゴロ。
g10080803.jpg

パルミジャーノレッジャーノを半分にした容器に熱いリゾットを入れて
混ぜます。前に注文したけれど、一人分だったから冷めていました。
まぁパフォーマンス用ですね。
g10080804.jpg

ちょっとピンぼけなんですが、生ハムを薄く切るスライサー。
g10080805.jpg

ランチの前に生ハムを一皿注文します。
g10080806.jpg

切りたての生ハムはキレイなピンク色。
やっぱり切りたてが一番美味しい。
g10080807.jpg

イタリアンプレートランチ。飲み物付きで1000円
g10080808.jpg

メルカートランチ 飲み物付きで900円
今日は「鶏ミンチとキノコのトマト風味スパ」
g10080809.jpg

エスプレッソを・・と思いましたが、やっぱりアイスコーヒー。
g10080810.jpg



人気ブログランキングに参加しています。
ぜひポチしてもらえると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

B級グルメと猫のブログ「仲良くしてねっ!うちの猫たち」
大阪の街かどとオブジェ「猫たちの街かどには」
本と装丁の紹介「ねむれない夜にはこの本を」
も同時更新中。ぜひ遊びに来てください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

美味しそう!20年くらい前
お肉の問屋さんから生ハム買ってました
1本もののハムと同じ形でマケテもらって
1万円でした。
最近の切ってある生ハムみたいにドライじゃなく
フレッシュタイプの生ハムでした
他じゃみたことないんだなぁ

No title

★MONICAさん★
コメントありがとうございます。
パルマのプロシュートは「生ハム」と言われますが
どちらかというと「豚肉の塩漬け」っていう感じです。
ぶら下がっている姿も豚の後ろ足そのままですし
加工も塩をすり込んで、2年間風にさらし熟成させる
だけのようです。最初に誰かが「ハム」って訳したから
いけないんですよね。
だからハムのように結着剤とか保存料は使用しておらず
原材料は「豚肉、塩」だけです。
これは1本20万だそうです。家庭で買えるような
ものではなく、デパ地下とかでスライスを買っても時間が経つと
美味しくないので、お店で切りたてを食べるのが一番です。
プロフィール

oidesan04

Author:oidesan04
オイデPaPaです

大阪の自宅で建築土木の
CG制作業を営むオッサン
尊敬する人物は
葛飾北斎
フィリップ・マーロウ
矢沢永吉
外出しない日は一日中
猫の世話に明け暮れます。
熱烈な阪神ファン

口癖「まぁいいか」
「オッサンではない兄さんだ」
byオイデPaPa

オイデPaPaの
「猫とB級グルメのブログ」
仲良くしてねっ!うちの猫たち。

「大阪の街かどとオブジェ」
猫たちの街かどには

「本の紹介です」
ねむれない夜にはこの本を

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お気に入りリンク
リンク
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。